使う人が決める

  • RSS

銀行印ってどうすれば銀行印になるのかっていうと、わたしが銀行印として使うことに決めたら銀行印になるっていう話なんですよね。

印鑑ってそういうものです。
実印にするのか銀行印にするのか認め印にするのか、自分で考えて自分で決める。
決めたらその印鑑が、実印や銀行印や認め印になるんです。

まあどんなに自分が決めても、シャチハタ印は実印にはできなかったりしますけど。
印鑑登録するときに断られちゃうし、自分のためにもやめたほうがいいですね。
実印ってすごく重要なものなので、偽造しやすかったり照合しにくかったりするものはやめたほうがいいですよー。

シャチハタ印って、便利で使いやすくて、最近はかわいいデザインのものもいっぱいあるし大好きですけど、使うのは認め印としてにしましょう。

契約書で、認め印でもいいですよって言われるときも、でもシャチハタじゃない印鑑でお願いしますっていうこともありますよね。うーん、実印や銀行印だと、照合するときのことを考えてゴム製だとすり減ったりしやすいからとか機械で彫ってるから偽造が心配だとかそういう理由だと思うんですけど、たとえば何かの契約更新とか、そこまで厳重な感じのしない書類だと、形式で言ってるだけな気もしますけどねぇ。
どうなんでしょうか。

ただ書類によってはシャチハタで押すのが断られる場合があるのは確かなので、手彫りの細長い印鑑を一本は認め印用に持っておいたほうがいいと思います。
くれぐれも銀行印を使い回したりしないほうがいいですよ。

わたしはシャチハタもスペア持ってます。



~ 〔関連おすすめサイトのご紹介〕 ~

<24時間注文受付>チラシ印刷

20000部以上の大ロットが信じられないほど安い!
比べてわかるプロのデザイナーによるデザインが7000円~!
経費のコストダウンをお考えなら印刷通販がお得!

このページの先頭へ