印鑑ならなんでも

  • RSS

法律上には効力も意味もない遊び印以外の印鑑は、どんな印鑑でも大事な意味を持っています。

大事な意味はふたつあります。
それは押した人が誰かっていう証明と、印鑑を押した書類の内容をちゃんと読みました、理解しました、同意しました、何の文句もありません、っていう意味です。
難しい言葉でいうと、「契約内容を承認し締結すると意思表示する」ってことだそうです。
ちゃんと読んでなくて押しちゃっても、押しちゃったからには「わかりました」って言っちゃったことになるっていうことです。
それは遊び印以外、全部の印鑑に言えることなんです。
シャチハタでも100円ショップで買ったハンコでもおんなじです。
正直そこまでちゃんと考えて印鑑って押してないですよね。

「印鑑」っていうと特別なっていうか、重大な気がしますけど、ハンコくださいって言われたら、何気に押しちゃいますよね一。

一応契約書みたいなものにサインとかハンコとかするときには、できるだけよく内容を確認するようにはしてます。でもそれ以上のことって気をつけようがないですよねー。
でもまあそれは押すときに気をつけることであって、あとはしっかり管理して、落としたり壊したりなくしたりしないことですね。

あとは他人に貸さない!
使い方と扱い方さえ気をつければ便利っていうのは、世の中にあるすべての道具に共通して言えることですよね。

いまはデスクに置いてもかわいいシャチハタ印や、持ち歩いてキレイなハンコケースもたくさん種類があるので、選ぶのも楽しいです。上手に使って付き合っていきたいです。



~ 注目WEBサイト ~

〔存在感のある「筆文字名刺」〕

自分だけのために創作書家がデザインしてくれる筆文字名刺。
独特の雰囲気と力強さが手にした人にインパクトを与えます。
普通では物足りない、オリジナルティを出したい方にはお勧めです。

詳細は名刺やショップカードの作成、印刷のSPEED名刺館から

このページの先頭へ